キッチンの床をPタイルにしたら快適だった

キッチンの床

タイトルまんまですが・・。

キッチンの床をPタイルにしたら、これがとても快適だったという話です。

Tajima Pタイル

選んだのは、TajimaのPタイル。住宅用というよりは、オフィスや公共施設向けみたいですね。

Tajima-Pタイル
via: Pタイル Modern – Tajima

なので見た目はこざっぱりしてますが、価格も安いし、カラーバリエーションも意外と充実しています。

色ムラが絶妙

キッチンの雰囲気に合わせて、色は薄いブラウン系を選びました。

キッチン床
タイル自体に色ムラがあるので、汚れはほとんど目立ちません。目立たなすぎて、掃除をサボると汚れ具合にビックリします。

目地が小さい

普通のタイルより目地が小さいので、これまた汚れが目立ちません。

キッチン床タイルアップ
まあ若干オシャレさには欠けるものの・・。キッチンの床は、手入れのしやすさを優先しました。

掃除がラク

Pタイルは、ガシガシ掃除できるのもポイント高し。

キッチンの床
水拭きしたり、洗剤を使ったり、メラミンスポンジでこすったり。たいていの汚れはすぐ落ちるので、水がはねても油がとんでも気がラクです。

意外と寒くない?

一番心配していたのが寒さですが、ハッキリ言って冬場のタイルはむちゃくちゃ冷たいです。もう素足だと失神レベル。

キッチン床リビングとの切り替え
ただスリッパを履いてしまえば、フローリングと比べて特別冷えるわけでもないかなと。まあ我が家は真冬でもエアコンをつけないので、感覚がマヒしてるのかもしれませんが・・(´-`)


ちなみにキッチン以外も、水まわり(洗面所・トイレ)の床はすべて同じPタイルにしました。

キッチン奥が洗面所です↓
キッチンから洗面
こちらも水はねが気にならない上、掃除もラクチン。Pタイル、かなりオススメです。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です