リノベーションの減額調整まとめ

リノベーションの減額調整まとめ

ようやく減額調整にひと区切りついたので、ざっくりメモ記録。

減額調整したこと

造作家具を中止

コスト高な造作家具↓は、できるだけカットすることにしました。

  • リビング本棚
  • 書斎デスク & 収納棚
  • TV台まわりのオーディオ棚
  • キッチンのワークスペース
  • 洗面収納棚
  • トイレ収納棚
  • 玄関棚
 

代わりに、DIYや既製品を使って減額します。

遮音マットを中止

フローリングの下に敷く遮音マットは、金額が大きいため中止することに。

代わりの騒音対策として、古いフローリングの上に新しいフローリングを貼ってもらうことにしました。

水栓 & 洗面ボウルを変更

最初に選んでいたのは、こんな感じの洗面ボウルと壁出し水栓でしたが・・↓
tform変更前
via: SFG73-0016 – Tform

これを天板一体型の洗面ボウル & シンプルな水栓に変更しました↓
tform変更後
via: ADF70-2404 – Tform

この洗面ボウル、見た目のわりに意外とお安いです。

水まわりの床材をPタイルに

水まわり(キッチン・洗面・トイレ)の床材に選んでいたタイルを、安価なPタイルに変更しました。

プラスチック樹脂を原料とする床材のことをさします。主に塩化ビニル樹脂など硬質な素材を使い、30センチ四方のタイルのような薄い板状に成型加工した、プラスチック系床材のことを「Pタイル」や「プラスチックタイル」と呼ぶことが多いです。Pタイルは、汚れにくく、硬質で耐久性、耐水性、耐磨耗性に優れていると言われています。

via : Pタイル – 不動産用語集

見た目は普通のタイルの方が断然カッコいいですが、機能的にはむしろこっちのが良さそうです。

キッチン天板の厚み変更

キッチンのステンレス天板を、数cm厚く変更。薄い天板は加工賃がかかるので、コスト高になるそうです。

収納の棚板を変更

廊下の収納スペースで使う棚板を、安価なものにしました。これは外から見えない部分なので、即決。

インターホンを既存利用

そのうち一斉交換される(らしい)インターホンは、既存品をクリーニングして使うことに。汚れ具合がけっこうヒドいので、早めの交換を願います・・。

施主支給する

コンロ・食洗機・トイレなどの設備類は、自分で手配します。ネットショップで買えば安いし、自分でやるだけで減額できるなら、やらない手はないですよね。

予算を見直す

こんな具合で減額してきたものの、目標金額にはまだまだ及ばず。最終的には、予算を見直すことで決着しました。

予算内でやりくりせねばという気持ちと、せっかくのリノベーションを後悔したくないという気持ちで、かなり葛藤しましたが・・。

一番こだわっていたキッチンをほぼ仕様変更せず済んだことで、私はもう大満足。夫よありがとう。


というわけで、次はいよいよ工事契約!ここからは一気に動き出しそうです。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です