心地よい住まいをつくりだす仕組み「片づけの解剖図鑑」がおもしろい

心地よい住まいをつくりだす仕組み「片づけの解剖図鑑」

「片づけの解剖図鑑」という本が非常におもしろかったので、ご紹介。

「片づけの解剖図鑑」

タイトルには「片づけの~」とありますが、書かれているのは設計の話。そもそも家が片づかない原因は、設計にあるというのです。

もし、あなたの家が、片づけても片づけてもまたすぐに散らかってしまう家だとしたら・・・それはあなたの責任ではありません。おそらく、あなたの家を設計した人の責任です。あなたの家の図面を作成するにあたり、事前に考慮すべきであった「片づけやすい仕掛け」を、うっかり忘れてしまったのです。

via: 片づけの解剖図鑑 – 鈴木信弘

この本ではそんな「片づけやすい仕掛け」がたくさん紹介されていて、特に私はこのあたりが気になりました↓

  • テレビとソファの間からテーブルをなくす
  • キッチンのワークトップに空き地をつくる
  • キッチンのそばにワークスペース作る
  • キッチンのゴミ置き場を事前に考える
  • 土足OKな土間スペースを確保する
 

他にも目からウロコのポイントが多々で、普段なにげなく「これ不便だなー」「なんか使いづらいなー」と思っていた原因を、ズバリ指摘してくれる内容。

心地よい住まいをつくりだす仕組み「片づけの解剖図鑑」
著者は鈴木信弘さんという建築家の方で、ユーモアのある語り口がこれがまたおもしろく・・

片づけの解剖図鑑イラスト
犬をおやじに例えてみたり。シュールです。

自分の中では、この鈴木さんの説明もかなりツボな一冊でした。おススメです!

「解剖図鑑」シリーズ

ちなみにこのシリーズだと「住まいの解剖図鑑」が有名ですが、他にも色々出てるんですねー。

 

「戦国武将の解剖図鑑」とか・・(´-`)他もぜひ、読んでみたいものです。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です